イタリアなどについて勉強した

勉強をしました。イタリアはドイツの優勢をみて、参戦に踏みきりました。フランスは国土の中・北部をドイツに占領され、ペタン元帥のヴィシー政権が南部を支配してドイツに協力しました。イギリスではチャーチルが首相となり、激しい空襲にたえてドイツ軍の上陸を阻みました。ドイツは、さらにバルカン諸国を支配下におこうとし、1941年4月にはユーゴスラヴィア・ギリシアに侵攻しました。1941年6月にドイツは突如としてソ連に侵攻し、独ソ戦が開始されました。ドイツはたちまちモスクワに迫りましたが、ソ連はこれを「大祖国戦争」として多くの犠牲を払いながら激しく抵抗しました。イギリスはソ連と軍事協定を結び、アメリカも戦略物資を輸送してソ連を支援しました。日本は長期化した日中戦争の局面を打開するため、フランスがドイツに降伏すると1940年9月にフランス領インドシナ北部に軍をすすめ、日独伊三国同盟を結びました。さらに1941年4月には日ソ中立条約を結び、フランス領インドシナ南部にも軍をすすめました。これに対し、アメリカはイギリス・中国・オランダとともに石油供給の停止などにより、日本を経済封鎖しました。コラゲナイト